劇の作法

宮沢章夫さんが、田中泯さんの表現論について言及していた。

『観客に向かって表現するな』という劇の作法は、観客に向かって話しかける演芸の作法とは逆なんだな。

まあ一人芝居と落語、漫談の違いを考えると確かにそうなんだろうと思う。