【ネタバレなし】『GODZILLA 怪獣惑星』感想メモ

一言でいうと凄かった。画や音の迫力が凄い。

テイストはどっちかというとスタトレやスター・ウォーズ風味。ギャレゴジにも近いかな。
お話の評価は、謎を振り撒くだけ振り撒いて終わったので保留。ただ次作は見ると思う。

失われた母星の奪還、レコンキスタというモチーフで、◯◯を取り戻すというのは、日本もそうだし、
スペインやイギリス、イスラム原理主義、クルドなどなど清濁ごちゃまぜで世界中で流行っているところで、ちょっと危うい。うまくまとまるか心配。

本篇冒頭でざっと語られる前日譚も面白そうだが、そこはノベライズでやるような気がする。

不満といえば作戦がいろいろ雑なのと、香菜さんの活躍が少ない所かな。

かなり最初のあのわざとらしい伏線とあの引きはキング・コングにするんだろうなあ。そのへんも含めてシン・ゴジラよりも海外では受けるやも。