路傍亭@はてなブログ

備忘録とか記録とか

世界征服 榎本ナリコ

世界制服 1―ユニ・フォーム (サンデーGXコミックス)作者: 榎本ナリコ出版社/メーカー: 小学館発売日: 2008/08/16メディア: コミック購入: 2人 クリック: 35回この商品を含むブログ (48件) を見る制服の女子高生が活躍(?)して世界をどうにかしてしまうとい…

惑星のさみだれ5 水上悟志

惑星のさみだれ 5 (ヤングキングコミックス)作者: 水上悟志出版社/メーカー: 少年画報社発売日: 2008/05/26メディア: コミック購入: 20人 クリック: 65回この商品を含むブログ (83件) を見る姫とアニムスが兄妹であったとか、アニマと姫の家族の関係とか、姫…

(有)椎名大百貨店 椎名高志

椎名大百貨店 (サンデーGXコミックス)作者: 椎名高志出版社/メーカー: 小学館発売日: 2008/05/19メディア: コミック購入: 6人 クリック: 46回この商品を含むブログ (94件) を見る(有)椎名百貨店、(有)椎名百貨店(超)に続く椎名高志短編集。 あとがきに絶…

あぶない!図書委員長! 西川魯介

あぶない!図書委員長! (ジェッツコミックス)作者: 西川魯介出版社/メーカー: 白泉社発売日: 2008/05/29メディア: コミック購入: 3人 クリック: 30回この商品を含むブログ (41件) を見る野蛮の国に出演した水野"メガネ図書委員長"女史のイメージからスピンア…

「永久帰還装置」読了

永久帰還装置 神林長平 - 路傍亭@はてなの続き。物語の途中、フランクとケイの間にある種の信頼関係ができたとたん、そこをコアに世界があっという間に安定していくのが判る。世界の表現は変わらず、互いの主観には差分が依然として存続しているのにもかか…

永久帰還装置 神林長平

まだ第1章の途中までだけしか読んでないのだが、それだけでも判る。これはもの凄い小説だ。 多重世界の世界改変モノなのだが、いわゆる「世界の外の神の視点」からの記述が無く、全て世界の中の登場人物の視点からの記述でできている。*1なので語られている…

低俗霊DAYDREAM 10(目黒三吉、奥瀬サキ)

唐突の最終巻。深小姫の家族のエピソードも出てきて一気に話が広がりそうなところだったので残念。 エピローグで、奥瀬サキはずっと昔からゲゲゲの鬼太郎を目標にしていたのを思い出した。*1 その目標は、最近の《人間の味方》な鬼太郎ではなく、初期の、人…

風雲児たち 幕末編 12 (みなもと太郎)

幕末の一番ジリジリした時期を描く12巻。妙な閉塞感と焦燥感だけがこちらに伝わってくる。いつものみなもとギャグとともに(笑)あっと言う間に読んでしまった。風雲児たち 幕末編 12 (SPコミックス)作者: みなもと太郎出版社/メーカー: リイド社発売日: 2…

探偵綺譚―石黒正数短編集

こちらも世界は「駘蕩*1」としている。本当の意味の事件はなかなか起きない。良くわからないことがいっぱい起きて、なんとなく突いたらヤブヘビが出てくるが、それもたいしたことではない。ただそれが心地良い。この作者は「それでも町は廻っている 1 (ヤン…

この世界の片隅に 上(こうの史代)

昭和ひとケタから10年代の広島を舞台にした物語。戦争という大きな流れの中で、淡々とマイペースに生きる女性を描くコメディ(?) こうの史代の漫画の主人公は、運命にあえて逆らわず、かといって諦めているわけでもない、どこか村上春樹の小説の主人公に…

今日買った本

久々に本屋に行ったので、まとめ買いをしてしまった。 「言語技術」が日本のサッカーを変える (光文社新書) 風雲児たち 幕末編 12 (SPコミックス) ラディカル・ホスピタル 14 (まんがタイムコミックス) この世界の片隅に 上 (アクションコミックス) 低俗霊da…

ぶらりオタク旅10

開田無法地帯さん所が、いろんな人の旅行記を集めた同人誌。マンゴーだらけの台湾旅行が圧巻。砕氷船しらせの乗船レポートや、大○市探検、花火の村の祭りなどが面白かった。

今日の読書

あさぎちゃんクライシス! 1 (まんがタイムコミックス) 弓長九天 おなじ弓長の『さゆリン 4 (まんがタイムコミックス)』を少しおとなしくしたような感じだと思ったら、こちらは最初1999年に連載された作者の初4コマ漫画だとか。あさぎちゃんと楠田さんが、さ…

惑星のさみだれ 4 (ヤングキングコミックス)

おお、頭文字D!…中身はこれから読むところっす。

今日の読書

キューティーハニー a GO GO 完全版 (リュウコミックス) 伊藤伸平 1巻で止っていた角川版コミックの内容を含む完全版。普通のコミックの概ね2巻分。エキセントリックなキャラをこれでもかと出してきていて、楽しい。常似ミハルとか良いキャラだなあ。予定…

今日の読書

Self‐Reference ENGINE (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション) ようやっと読了 誰かが言った「ソラリス笑い話集」というのは言いえて妙だ。前半は時間や空間について縦横に裏表にシリアスに語っており、あとはどうなることかと思ったら、後半は一気に喜劇と化…

今日の漫画

イブニング 21号 ADAMASはヒロインが全能すぎて話がもりあがらなかった。喰いタン、おせんは今回は淡々と。もやしもんは菌編でアニメの紹介だった。

本日入手本

この恋は実らない 2 (ヤングジャンプコミックス) トンデモ本の世界V りらく10月号

今日の読書

ウニバーサル・スタジオ (ハヤカワ文庫JA) 北野勇作得意の、シンギュラリティ後の再帰的な再構成で世界が常にずれているモノ。今回は虚実の皮膜の上に、落語の語りや、阪神やら大阪コテコテネタが加わって混沌する上に、アトラクションという最初から嘘が本…

今日の読書

読者投稿爆笑4コマ魂 2007年 9/15号 [雑誌] 小谷梓と森野いずみの絵が艶っぽくて良い感じ。

今日の読書

月刊まんがライフオリジナル 10月号 秋月りす、松田円、吉田美和子、深谷かほる、小坂俊文、すみれいこは手堅く面白い。 よしもとあきこはまいどのことながら強烈なギャグだ。 あらい・まりこの東京眼鏡は不思議な味。2本目の原作の一條マサヒデって誰?

今日の読書

碁娘伝 前単行本で買ってブックオフに売却したんだが、また詠みなくなって文庫版を買う。 群青学舎 (1) (2)

今日の読書

今日の早川さん 妄想少女オタク系 3 (アクションコミックス)